ストレス解消法

イースター休暇は何故日本にはないのか!?

 今の時期はイースターのまっただ中で
 アメリカやイギリスでは多くの企業や学校が
 休暇へと入っていきます。

 

 イースターの画像

 

 

 しかし、そんなイースター休暇は
 なぜ日本には無いのでしょうか?

 

 

 日本にもイースター休暇があれば
 休みが増えるのに・・・と思うでしょうが
 イースター休暇が日本にはない理由は存在します。



スポンサードリンク

 

 

 イースター休暇とはそもそも何?

 

 そもそのイースター休暇がどういう休みかと言いますと、

 

 まず、イースターというのはイエス・キリストが復活した日で
 キリスト教では重要な日になります。

 

 イースターは基本的には「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日
 に祝われる為に、年ごとに祝日の日付が変わっています。

 

 日付は変わってもイースターは必ず日曜日に行われており
 キリストの受難の日である聖金曜日復活祭後の月曜日
 復活祭の前日の土曜日を合わせての4連休の事を

 

 イースター休暇としてキリスト教圏では
 休みの日として扱われているわけです。

 

 (ちなみに学校や企業によっては1週間ほど
  休暇がある場合もあります)

 

 ちなみにいつがイースターになるかについては
 こちらのサイトの表をご参照下さい。

 

 

 このようにイースターというのは
 キリスト教の祝祭日であり、

 

 基本的に仏教系である日本で祝われないのは
 当然といえば当然なのかなと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 イースター=お盆?

 

 それじゃあイースターがある分、
 キリスト教圏の国の方が祝日が多いかというと
 決してそんな事はありません。

 

 

 なぜなら、アメリカやイギリスには
 8月にお盆にあたる行事が無いからです

 

 

 よく盆暮れ正月になりますと
 実家へ帰省していますよね?

 

 

 それと同じように、アメリカやイギリスでは
 クリスマスやイースターの時期になると
 実家に帰省する人が多くなります。
 

 

 つまり、アメリカやイギリスといった
  キリスト教圏の国にとっては、

 

 イースターはお盆にあたる祝日
 という事になるんですね。

 

 

 イースター休暇が日本にない理由まとめ

 

 イースター休暇がなぜ日本に無いのか
  という理由が以上の理由です。

 

 

 お盆にあたる日が2度もあるというのも
 なんだか変だなって思います。

 

 

 日本全体がキリスト教に染まらない限りは
  イースター休暇は日本では無いことになります

 

 

 ですが後少しでゴールデンウィークに入りますし、
 イースター休暇が無かったとしても
 そんなに気にする必要は無いかなと思います。

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

*

このページの先頭へ