ストレス解消法

ヤマボウシの育て方とは!どんなことに注意すればいい?

 5月下旬~6月になりますと
 ヤマボウシが花を咲かせる時期です。

 

 

 

 

 とてもきれいな花を咲かせるだけでなく、
 9月頃になると赤い実をつけます。

 

 ヤマボウシの実は食べることができますので、
 観賞用としても食用としてもOKな花なのです。

 

 

 だからそんなヤマボウシを育ててみたい!
 と思われているでしょうが、

 

 

 ヤマボウシの育て方は
 一体どうすればいいのでしょうか?

 

 

 なのでヤマボウシの育て方や
 育てるときの注意点をまとめました。



スポンサードリンク

 

 

 ヤマボウシの育て方はどうすればいい?

 

 ヤマボウシを育てるときには
 いくつか注意しないといけません。

 

 どんなことに注意しないといけないの?
 と思っているでしょうから

 

 ヤマボウシの育て方の注意点
 をまとめておきました。

 

 

 植え付けに適した環境

 

 ヤマボウシは基本的には
 日のあたりがよい場所に植えます。

 

 特に午前中にいっぱい日がさす場所が
 植え付ける場所として望ましいです。

 

 ただ、このとき注意が必要なのは
 ヤマボウシは夏の乾燥が苦手ですから、

 

 西からあたる日差し
 つまり西日のあたらないところに植えましょう。

 

 

 

 ヤマボウシを植える時期

 

 ヤマボウシを植える時期は
 2月中旬~3月の時期がよいです。

 

 もしくは11月下旬~12月
 時期でも大丈夫です。

 

 厳寒期である1月~2月初旬頃は
 育ちにくいので避けましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 植え付けに使う土

 

 ヤマボウシの植え付けに使う土は
  水はけのよい用土を使いましょう。

 

 庭に植える場合だと
 用土に腐葉土を混ぜておきましょう。

 

 

 水やり・肥料

 

 ヤマボウシの水やりは
 庭に植える場合は必要ありません。

 

 鉢植えの場合だと
 春~秋の時期はたっぷり水を与え、

 

 夏の時期には朝の涼しいときに
 水を与えるようにしましょう

 

 肥料は冬~春の時期に
 油かすと骨粉を同じ量混ぜたものを
 株元部分にまいておきましょう。

 

 

 

 ヤマボウシの剪定

 

 ヤマボウシの剪定は
 特に必要としませんが、

 

 どうしてもいらない枝を切りたい場合は
 落葉期の12月~2月がよいです。

 

 枝を切るときは
 枝分かれをしてる部分の付け根を切りましょう。

 

 

 

 

 ヤマボウシの育て方まとめ

 

 ヤマボウシを育てる時には
 注意しないといけないことは多いです。

 

 ヤマボウシは初心者でも育てやすい
 と言われていますが、

 

 それはちゃんと手順にそって育てる場合で
 ちゃんとした手順を踏まないと枯れてしまいます。

 

 なのでしっかりと育てていかないといけませんね。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ