ストレス解消法

ちまきを端午の節句に食べる意味とは?

 こどもの日通称端午の節句には
 柏餅と共に食べられる食品があります。

 

 それがあなたもご存じの

 

 

R0011593R0011593 / duck75

 

 

 ちまきのことですよね。

 

 しかし何故ちまきが端午の節句の時期に
 食べられるのでしょうか?

 

 ちまきが端午の節句で食べられる意味
 について調べてまいりました。

 

 

スポンサードリンク

 ちまきはどこから生まれたものなのか?

 

 そもそもちまきとはどこで生まれたのでしょう?

 

 ちまきがどこで生まれたのか調べたところ、
 元々ちまきは中国の食べ物で、平安時代頃に
 日本に伝わったとのことです。

 

 ちまきの起源についても調べたところ、

 

 紀元前223年まで存在していた
 という昔の中国の国の政治家である

 

 屈原(くつげん)という人が楚の将来に絶望して、
 汨羅江(べきらこう)という川に
 入水自殺をしたそうです。

 

 屈原の死後、民衆が屈原を弔うためや
 屈原の亡骸が魚に食べられてしまわないようにと

 

 笹の葉でもち米を包んで糸で縛ったものを
 川に投げ入れるようになったことが、

 

 現在のちまきの起源となったと言われています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 何故端午の節句にちまきを食べるようになったのか?

 

 現在の5月5日、つまり端午の節句の日が
 屈原の命日であると言われており、

 

 中国で5月5日(端午の節句)にちまきを作って
 災いを除けるという風習が出来たそうです。

 

 ちなみに端午の節句という言葉自体も
 中国から生まれた言葉との事です。

 

 それが平安時代頃にも日本に伝わり
 現在日本でも端午の節句が祝われ、

 

 ちまきを端午の節句に食べる
 ようになったようです。

 

 

 ちまきを端午の節句に食べる意味が分かり・・・

 

 ちまきを何故端午の節句に食べるのかという
 意味について調べてみましたが、

 

 ちまきは中国から伝来したものだと分かり
 更にその起源まで分かりましたね。

 

 端午の節句というのも中国から生まれたのか
 と意外な事実に驚きを隠せないでいますね。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

*

このページの先頭へ