ストレス解消法

タイフーンと台風の違いは?どっちの方が先なの?

 タイフーンと台風の違いって何なの?

 

 つい最近、台風が日本を通過しましたね。

 

 私の住んでいる地域も台風の影響か
 大雨や大風がとっても吹いていました。

 

 ところで台風と似た言語として
 タイフーンという英語が存在します。

 

 この
 タイフーンと台風の違い
 一体何なのでしょうか?



スポンサードリンク

 

 

 

 タイフーンと台風は違う?同じ?どっち?

 

 タイフーンと台風はとっても似ている言葉ですが、
 いったいどんな違いがあるのか?
 といいますと、

 

 実は殆ど同じ物なのです。

 

 どういう事かというと、
 台風もタイフーンも

 

 北西太平洋に出現する熱帯性低気圧

 

 の事をさすのです。

 

 ちなみに
 北東太平洋、大西洋に出現する熱帯性低気圧は
 ハリケーン

 

 インド洋、南太平洋に出現する熱帯性低気圧は
 サイクロン

 

 とそれぞれ呼ばれています。

 

 

 ですが、タイフーンと台風は全く同じではなく、
 ほぼ同じです。

 

 どういう事かというと、
 タイフーンと台風は風速で分けられていて、

 

 最大風速34ノット以上:台風

 

 最大風速64ノット以上:タイフーン

 

 となるのです。

 

 なので
 タイフーンと台風の違いは
 風速の違いということなのです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 タイフーンと台風はどっちが先なの?

 

 タイフーンと台風はとっても似ている言葉ですが、
 どっちの方が先に生まれた言葉なのか?

 

 台風の由来には様々な諸説がありますが
 日本語で使われている台風と、
 英語で使われているタイフーンだと、

 

 タイフーンの方が先になります。

 

 なぜか?と言いますと、
 台風という語源の由来には諸説があり、

 

 1.中国の颶風 (ぐふう)から来た

 

 2.ギリシャ神話に登場する巨人テュポーンから来た

 

 3.アラビア語で嵐を意味するtufanから来た

 

 等の説が挙げられています。

 

 そして実際に日本で「台風」という言葉が使われ出したのは
 1956年頃であり、

 

 更に言うと明治時代の始め頃には
 台風をタイフーンと呼んでいました。

 

 この事を考えると
 台風と言う言葉より先に「タイフーン
 という言葉があると考えられます。

 

 なのでタイフーンと台風では
 タイフーンの方が先なのです。

 

 

 

 タイフーンと台風まとめ

 

 タイフーンと台風には風速の違いがあり、
 それ以外は一緒です。

 

 どちらにしてもタイフーンも台風も
 来たらとっても困りますので、

 

 今後も台風が来たときのために
 備えておかないと行けませんね。

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ