ストレス解消法

謹賀新年の意味は実はなんと!?

謹賀新年にはこんな意味が込められていた!?

 

正月に向けて相手に送る年賀状等には

謹賀新年

という言葉を用います。

 

ごく当たり前のように
正月の時期に使っている「謹賀新年」という言葉ですが、

謹賀新年にはどんな意味が込められているのでしょう?

 

実は

謹賀新年という言葉には
このような意味が込められていたのです!



スポンサードリンク

 

 

謹賀新年という言葉はこんな意味だった!?

そもそも「謹賀新年」の

謹賀

とはどんな意味の言葉なのか?というと、

 

謹賀には

謹んで喜びを申し述べること

という意味が含まれています。

 

そして
「新年」という言葉には

新しい年=正月

という意味が含まれています。

 

なので、
謹賀新年の意味としては

新しい年を迎えた事を謹んで喜びを申し上げます

という意味になるのです。

 

こうしてみると
謹賀新年という言葉も

あけましておめでとうございます

という正月でよくつかわれる言葉と同じように
新年を迎えた喜びを伝える意味を持っていますね。

 

スポンサードリンク

 

謹賀新年は実はこういう時に使われる!?

謹賀新年という言葉の意味は

新年を迎えたことを謹んで喜び申しあげます

という意味になります。

 

しかし、
実は謹賀新年という言葉は

目上の人に対して
目下の人が使う言葉だったのです!

 

謹賀という言葉は
先ほども解説をしたように

謹んで喜びを申し述べること

という意味になりますので、

 

謹む=相手に対して敬意を払っている

という意味になります。

 

なので、

謹賀新年という言葉は
相手に対して敬意を払った正月の挨拶ということで

目上の人(例えば上司とか先生等)に対しての
正月の挨拶として適切になるのです。

 

ちなみに目上から目下の人への正月の挨拶は

迎春、賀正

という言葉が使われますが、

 

正月の挨拶を簡単にしたものなので
目上の人に贈る言葉としては不適切になります。

 

とはいっても、

謹賀新年という言葉は
一般的に知れ渡っていますので、

例え目下の人に対して使ったとしても
なんら問題はないと言えるでしょう。

 

 

謹賀新年の意味まとめ

謹賀新年という言葉の意味については以上。

 

謹賀新年という言葉は
なんとなく意味を考えずに使ってますが、

調べてみると意外な意味がありましたね。

 

なのでこれからは
謹みの心を持って「謹賀新年」という言葉を使いましょう。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ