ストレス解消法

稲穂かなのことわざにはこんな素晴らしい意味があった?

実るほど頭を垂れる稲穂かな
ということわざにこんな意味があった?

 

最近になって

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ということわざを耳にするようになったと思いますが、

 

実るほど頭を垂れる稲穂かなとは
一体どのような意味をもったことわざなのでしょうか?



スポンサードリンク

 

 

稲穂かなのことわざはこんな意味がある?

実るほど頭を垂れる稲穂かなというのは
簡単に言ってしまえば

立派な人や人格者程
謙虚に振る舞うものである

という意味を持っています。

 

稲穂というのは
成長して実をつけることによって

頭の部分が重くなって
下に垂れさがるようになっています。

 

つまり、

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ということわざは

 

稲穂が成長して実をつける量が多くなれば
その分頭を垂れる

という意味になるので、

 

成長しきって立派に実をつけたことで
下の方へ頭が下がった稲穂の姿を見て

 

立派な人や人格者程、
腰が低く他の人に対して謙虚な姿勢で接する。

 ということわざになったのです。

 

そして

実るほど頭を垂れる稲穂かな
ということわざの使い方としては

 

偉い立場であったり
年長者の立場である人ほど、

他人に対して偉そうな態度はとらずに
謙虚な姿勢で接することを心がけること

 

といった意味合いで
使われることが多い言葉となっています。

 

私も他人に対して
謙虚な姿勢は取っておきたいものです。

 

スポンサードリンク

 

稲穂かなのことわざには実はこんな意味もある?

そんな感じで
謙虚さを表すことわざである

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ですが、

 

とあるブログにおいて

 

成功している人たちは
謙虚な人が多いけども、

その人たちも
昔から謙虚だったわけではなく、

 

若いころは他人に対して
謙虚ではない姿勢を取っていたけど、

そのことで失敗した経験から
色々と学んでいくことによって、

成功できるようになった。

 

という風な意見がありました。

 

確かに若い時は
相手に対して謙虚になれるか?

というとそうでもありません。

 

私自身も昔は
そんな謙虚とは言えませんでしたし、

それで失敗する等の経験をしたり
年を重ねるうちに謙虚になったように感じます。

 

それに、

稲穂というのはまだ実をつける前は
ぐんぐんと上へ向かって成長し、

実をつけると同時に重くなって
頭を垂れるような形になります。

 

この事を考えても、

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ということわざは

 

人の人格面での成長

を意味する言葉にもなっているのかな?
という風に感じずにはいられないです。

 

 

稲穂かなのことわざまとめ

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ということわざには

立派な人や人格者程謙虚

という意味が込められています。

 

でも誰もが最初から
謙虚な姿勢をとれる人格者ではなく

成長と共に謙虚な態度をとれるようになった

という意味にも思えてきます。

 

なので私は

実るほど頭を垂れる稲穂かなとは
人格面での成長を表す言葉

という風にも思いますね。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

“稲穂かなのことわざにはこんな素晴らしい意味があった?” への1件のフィードバック

  1. 鎗田 勝司 より:

    稲穂かなのことわざについての意見、とても面白く拝見いたしました。私も少し意見があるので、述べさせていただきたいと思います。
    ことわざには単純に先人の体験や物事の現象をいうだけではなく、先人の体験から後の人への戒めとして残しておく言葉という意味もあると思います。もちろんこの場合今私たちが見る範囲で若い時から謙虚でも大した人生を送っていないように見える人もいるかもしれませんが、本当の意味での謙虚さをもった人、謙虚のふりをしている人ではなく、素晴らしい仕事をしても威張らず、おごらない人はいますし、その生き方にはさわやかさへ感じます。何を以て人生の成功者というのかを思いますとやはり自分なりの生き方に満足している人と言えるのではないでしょうか。一時の成功より人を大切にする心こそ大事なことだと解釈すればやはりこの言葉は、人生の戒めとしてとらえることもできるのではないでしょうか。私はこんな風にこの言葉を解釈しています。
     ひとつも解釈として述べさせていただきました。
     

鎗田 勝司 にコメントする

*

このページの先頭へ