ストレス解消法

初盆の挨拶はどんな言葉を並べればいい?

初盆の挨拶として
どんな言葉を並べたらいいのか?

 

親しい人が逝去してから

初盆

を迎えることになり
施主を務めることになりましたが、

 

初盆での挨拶は
どのような言葉を並べればいいのでしょうか?

 

なので今回は

初盆の挨拶

についてまとめてみました。



スポンサードリンク

 

 

初盆の挨拶はお参りだとこんな言葉を使う

初盆にお参りに来てくれた人への
挨拶としては基本的に、

 

本日はありがとうございます。
ようこそお越しいただきました。

 

といった感じの

初盆へ参られた方への
感謝とねぎらいの言葉をかけます。

 

また、

初盆に来てくれた
お寺様に対しての挨拶は

 

お忙しい中、ありがとうございます。
本日はよろしくお願いします。

 

といった感じで

お寺様に対しても
感謝とねぎらいの言葉を使うようにしましょう。

 

 

初盆の挨拶は会食のときこんな言葉を使う

お参りを終えた後
会食を行うと思いますが、

初盆での会食を行う時の挨拶は
大体な感じになりますが、

 

本日はお忙しい中、

○○○(故人と施主の関係)の初盆にお集まり頂きまして
誠にありがとうございます。

 

早いもので○○○が亡くなりましてから
初盆を迎えることになりました。

 

皆様にお参り頂きまして
供養の席を終えるができ、

○○○も喜んでいることと思います。

 

これからも変わらぬご指導の程、
よろしくお願いいたします。

 

本日はささやかながら
お食事を用意させて頂きました。

 

ですので、
お時間の許す限りごゆっくりお過ごし下さい。

どうぞよろしくお願いします。

 

といった感じの文章になります。

 

基本的には

 

1.初盆に参加してくださった
 参列者に対して感謝の気持ちを述べる

2.故人が逝去してからの初盆を迎えた事を述べる

3.参列者のおかげで
 初盆を終えて故人も喜んでることを述べる

4.「今後もよろしくお願いします」といった感謝の言葉を述べる

5.「食事を楽しんでください」といった言葉を述べる

 

という流れになっています。

 

なのでこの4つのポイントを押さえて
初盆の会食の挨拶をしましょう。

 

ちなみに
その場で会食を行わない場合は

 

ささやかな気持ですが

お礼の品をご用意いたしましたので、
ご自宅にて○○○を偲んでいただければと思います。

どうぞお忘れモノがございませんよう
お帰りください。

 

といった言葉を述べましょう。

 

スポンサードリンク

 

初盆の挨拶は会食を終えるときは

会食が終了したときの挨拶は

 

そろそろお開きの時間が近づきましたので
以上を持ちましてお開きとさせて頂きたいと思います。

 

等と挨拶をしましょう。

 

 

初盆の挨拶は参列者が帰る時は

初盆を終えて
参列者が帰る時の挨拶は

 

本日は、わざわざありがとうございました。

今後とも変わらぬお付き合いのほど、
よろしくお願いいたします。

 

といったあいさつを行いましょう。

 

 

初盆の挨拶での言葉まとめ

初盆の挨拶での言葉は以上です。

 

なので初盆で施主を務める際に
挨拶の参考になればと思います。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ