ストレス解消法

うずらは飛ぶことできるって本当?

うずらは飛ぶことができるで本当なの?

 

鳥の中でもうずらは

 

 

地面を歩いてる姿が印象的ですが、

 

そんなうずらは

飛ぶことが実はできた

というのは本当なのでしょうか?



スポンサードリンク

 

 

うずらは飛ぶことができたって本当なのか?

うずらといえば
地面を歩いている姿が印象的なので

あまり飛ぶようなイメージが存在しませんが、

 

実際にうずらは飛ぶことができるのかを見てみると

 

 

 

別の動画の違う種類のうずらも

 

 

本当に飛ぶことができていました。

 

実際にうずらを飼っていた人の話によると

鶏のように庭で放していたら飛んで逃げてしまった

という話も存在しています。

 

なので、

うずらは地面を歩いてることが多いから
飛ばない鳥だと思ってしまうかもしれませんが、

 

それは間違った見解で
実際のうずらは飛ぶことができるのです。

 

スポンサードリンク

 

うずらは飛ぶことができるのだけども?

うずらが飛ぶことができるというのは
なんだか意外なように思いますけども、

 

うずらは

キジ目キジ科ウズラ属

に分類される鳥となっていまして、

 

キジや鶏

といった鳥の仲間となっています。

 

そしてキジ目やキジ科に属する鳥は

家禽化されたものを除いて
飛翔力を失った種はいないとされます。

 

なので、

家禽として品種改良でもされてない以上
飛翔力を失ってはいませんので

うずらは飛ぶことができるということです。

 

そしてうずらは

キジ科の中でも唯一の渡り鳥ですから
突然飛ぶということをする場合もあるのです。

 

ただ、

キジ目やキジ科の鳥は飛ぶことはできますが
飛行能力は低いため短距離しか飛行できず

 

スズメやカラスみたいな鳥のように
長距離飛行はできなかったりします。

 

うずらも長距離の飛行ができないのは
同様となっていますので

地面にいる時間の方が長かったりします。

 

 

うずらが飛ぶということでの注意点

うずらは意外にもとぶことができる鳥なので
庭に放したりすると飛んで逃げだしたりします。

 

なのでうずらを飼育する際には
飛んで逃げないようにケージで飼う必要がありますが、

 

うずらは飛ぶことができるため、

ケージが低いと
うずらが頭をぶつけてしまう場合もあります。

 

なので

ケージで飼育する時は
柔らかいクッション材を取り付けてあげましょう。

 

 

うずらは飛ぶのかまとめ

うずらは地面を歩いてることが多いから
あんまり飛ぶようなイメージは存在しませんが、

実は飛ぶことができたりします。

 

鳥に限らずとも

その外見や普段のイメージからは
想像できないところがあるなと改めて実感します。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

“うずらは飛ぶことできるって本当?” への1件のフィードバック

うずらの寿命は どうしたら伸ばせるの? | トレンド情報をお届けします にコメントする

*

このページの先頭へ