ストレス解消法

じゃがいもの花言葉は実はなんと?

じゃがいもの花言葉ってどうなっているの?

 

最近になって

じゃがいもも花をつける

ということを知ったと思いますが、

 

それじゃあじゃがいもの花にも
花言葉って存在するのかな

と思ったはずです。

 

じゃがいもの花言葉には
どのような言葉が使われてるのでしょうか?



スポンサードリンク

 

 

 じゃがいもの花言葉はこのようになってる?

じゃがいもの花言葉には
どのような言葉が使われているのかといえば

 

情け深い

恩恵

慈善

慈愛

 

 となっています。

 

こうしてみるとじゃがいもには
いい意味の花言葉が使われてますね。

 

なぜこのような花言葉が
じゃがいもに対して使われてるのかは

 

じゃがいもは

痩せ地や寒冷地でも育ち、
簡単な調理だけでお腹が膨れますし、

年に2~3回は収穫できるので

 

幾度となくヨーロッパの飢餓を救ったり
アイルランドなどでは爆発的に人口が増加した

とも言われていますので、

 

基本的な食材として
人類を支えるイメージが存在してるのです。

 

 なので

主食の穀物の不作が長く続くときなどに
幾度となく飢饉を救ったり、

貧しい人々にも提供される食糧であったことから

 

情け深い

恩恵

慈善

慈愛

 

等の花言葉がつけられるようになったのです。

 

確かにじゃがいもは
主食にしている国も存在しますし、

人類にとって根が深い食糧なのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

じゃがいもの由来はどこからきている?

そして、

じゃがいもという名前の由来は
さまざまな諸説が存在していまして、

 

1598年にオランダ人によって

オランダ領ジャワ島のジャガタラ(現ジャカルタ)

を経由して伝来したため、
ジャガタライモと呼称されたという説や、

 

天保の大飢饉の際に
食糧として重宝されたことで

 

御助芋

と呼ばれていたのが転じて
じゃがいもと呼ばれるようになった

 

等様々な説が存在しています。

 

 ちなみにじゃがいもは

江戸後期の18世紀末にはロシア人の影響で
北海道・東北地方に移入され、飢饉対策として栽培されたり、

 

蘭学者の高野長英はジャガイモ栽培を奨励するなど、

日本においてもじゃがいもは
食糧として重宝されているのがうかがえます。

 

 

じゃがいもの花言葉まとめ

じゃがいもの花言葉については

 

情け深い

恩恵

慈善

慈愛

 

等のいい意味の花言葉が用いられていて、

 

その背景としては

じゃがいもが飢饉から救ったり
貧しい人々にも食糧として提供されてることが

花言葉の由来となっています。

 

とはいえ、

飢饉から救ったりしているのは
じゃがいもの食べられる地下茎の部分で

 

花の部分はそんなに
関係なさそうにも思えてきますけども。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

*

このページの先頭へ